NASにデスクトップ・ドライブではなくNASドライブを選択する理由

NASドライブにその価値があるのか、単なるからくりなのか?調べてみましょう。

NASデバイスにハードディスク・ドライブを選択する際、多くのユーザはコストを削減するため、低価格のデスクトップ・ドライブで対応しています。一部のユーザは、デスクトップ・ドライブはNASのような密接にネストされた環境には適していない、ということをご存知ないのかもしれません。優れた信頼性を備えたNASドライブは、NAS環境に最適です。

耐熱性能および耐振動設計に優れたNAS HDDは、NASサーバ向けにカスタマイズされており、高速スピードの常時稼働を実現します。NASドライブ・ソリューションは、初期投資としては高額かもしれませんが、高い安定性・信頼性を備えているため、総所有コスト (TCO) の削減や優れた投資利益率 (ROI) など、長期的に優れたコスト効率を実現します。

NAS HDDがデスクトップHDDよりも優れている点は、継続稼働およびRAID構成です。NAS HDDは数週間にわたる連続稼働が可能ですが、デスクトップHDDは数時間のデータ読取り/書込みのみに対応しています。さらにNAS HDDはRAIDセットアップ向けに特別に設計されています。複数のドライブを1台の論理ユニットに組み合わせることで、RAID構成がデータ冗長性を提供し、ドライブ故障からデータを保護します。

NASドライブ選択の際に考慮すべき3つの大切な要素

NASハードディスク・ドライブを購入する際に大切なのは、ストレージ容量、スピード、および性能だけではありません。理想のNAS HDDは以下の要件を満たします:より優れた作業負荷率および平均故障間隔 (MTBF)、熱制御および振動耐性、アドオン・サービス。

常時連続稼働

デスクトップHDDはコンピュータがオンの時のみ稼働しますが、NAS HDDは常時稼動させることができます。デスクトップHDDは、長時間の継続稼働において故障が起こることが多いため、特に大規模なNAS展開では継続稼働向けのNASドライブが必要です。

アップタイムを最大限に高めるには、作業負荷率およびMTBFを考慮する必要があります。作業負荷率は1年間に転送されるユーザ・データの量(TB/年)、MTBFはデバイスが寿命となるまでの平均時間を表しています。一般的に、デスクトップHDDの平均作業負荷は55TB/年です。デスクトップHDDの継続稼働は設計時に考慮されていないため、MTBFは仕様一覧に記載すらされていません。これに対してNASドライブは、高い作業負荷率と長いMTBFを備え、優れた耐久性と信頼性を実現します。IronWolf Proを例に挙げてみます。本ドライブは、300TB/年の作業負荷率と120万時間のMTBFを備えています。

熱制御および振動耐性

NASの内部で密接にネストされたドライブが同時に稼働することで、振動、騒音、そして熱が発生します。また、ハードディスク・ドライブは回転速度 (RPM) が高速なため、ディスクは高速スピードで回転し、高速でデータを読取ります。低い回転速度は振動や騒音を減らしますが、優れた読取り/書込み性能を実現するには障害となります。特に振動は、ハードディスク・ドライブ動作の安定性を妨げ、データ損失につながることがあるため、マルチベイやラック・システムにおいて好ましいものではありません。

NASドライブなら、スピードを犠牲にすることなくドライブの静音性・冷却性を実現します。近年NASドライブ・メーカーは、ドライブの振動や騒音を抑えながら、高速性能を実現する耐振動性技術を開発しています。例えば、すべてのIronWolfハードディスク・ドライブには内蔵型回転振動 (RV) センサーが搭載されており、マルチドライブNASシステムの振動を減らし、システムの可用性および性能を向上します。

アドオン・サービス

性能および機能を以外にも、購入するドライブに付帯している付加価値も考慮しなければなりません。製品保証、ドライブ健全性管理、データ・リカバリ・サービスなど、お客様のニーズに合ったアドオン・サービスを備えているNASドライブを選択してください。

データ損失を防ぐために組み込まれているS.M.A.R.T.(セルフ・モニタリング、分析およびレポーティング・テクノロジ)は、20件のパラメータを分析し、差し迫るドライブ障害を検出すると警告を送信します。IronWolf Health Management (IHM) は、ドライブ健全性ステータスを監視するため適合アルゴリズムを使って数百のパラメータをモニターして最高レベルの信頼性を実現し、強力なシステム環境を維持します。

ドライブが故障した場合、ユーザはハードディスク・データ・プロバイダに助けを求めることになるでしょう。このようなデータ復元作業には高額の費用がかかり、データが復元できないこともあります。そのため、製品に付帯しているリカバリ・プランは、NASドライブの選択において重要な要素となります。例えばSeagateのRescueリカバリ・データ・プランを使えば、ユーザは深刻なデータ損失が起きた場合、世界中のデータ・リカバリ専門家に相談することができます。

すべては信頼性のため

NASドライブは、常時稼働のマルチユーザ・アクセスが可能で、信頼性も大切な要素です。

デスクトップ・ドライブにありがちなハードディスク・ドライブの故障、振動、熱が、NASシステムの性能に悪影響を与えないよう注意が必要です。NASドライブを購入する際には上記の要素を考慮し、お客様のニーズに最も合うドライブを見つけてください。

パートナー

2019-05-22T15:39:01+00:00